膳所焼窯元陽炎園 400年の歴史がある陶磁器作品を販売開始

膳所焼窯元陽炎園(ぜぜやき/かまもと/かげろうえん)

膳所焼(ぜぜやき)は遠州七窯の一つで、平和の時代となった江戸初期に、将軍家御用達の「官窯」として、
小堀遠州の美意識をもとに制作されるようになり、現在に至っています。

現在は膳所釉を中心とした伝統的な技法を基調としつつ、色絵や染付など多様な陶磁器を製作しています。
また、伝統的様式の茶道具に加え、シャンパンクーラー、お皿、スープカップ、香水入れ、等、現代の日常生活で使用できる焼き物も製作しております。
滋賀県大津市に工房がございますので、ぜひお立ち寄りください。

一部の作品はインターネットでご購入可能でございます。ウェブサイトはこちらです。

« »
TOP